1. TOP
  2. 糖尿病
  3. 血糖値を下げる鍼灸治療について

血糖値を下げる鍼灸治療について

 2016/09/08 糖尿病
この記事は約 5 分で読めます。

東洋はり灸整骨院、院長の石丸です。

今回は「糖尿病も東洋医学で改善できる」についてお話します。

石丸昌志

糖尿病は国民病

糖尿病は今や国民病といって良いでしょう。

糖尿病予備軍と呼ばれる人も含むと、かなり多くの患者さんがいます。「糖尿病も東洋医学で治療できる」と言うと、びっくりする患者さんがほとんどだと思います。

血糖値がなかなか下がらず困っている患者さんに朗報です。

糖尿病を治す東洋医学の力と、その効果について解説していきます。

なぜ糖尿病になるのか?

血糖値

糖尿病とは、血液中の糖の値が高い状態です。

食べ物を摂取し、腸から栄養分が吸収され血液中に入っていきます。腸から吸収された栄養が多いほど糖も上がり、体には良いことのように思われます。

育ちざかりの子供、大食いの人がたくさん食べたからと言って血糖値が異常高値となって糖尿病を発症することはありません。

血中に入った糖が体のエネルギー源として、有効に活用されなくなった状態が糖尿病なのです。

要するに、糖分があぶれて血液の中に溶け込んでいるということです。

過食、運動不足、内蔵機能の低下などが原因と言われています。

糖尿病はなぜ怖いのか?

糖尿病が悪化すると

では、なぜ血糖値を正常に保つ必要があるのでしょうか?単に。血糖値が高い状態ではあまり症状はありません。

糖がたくさん含まれている血液は、ドロドロ血液となり、全身の血管を痛めます。全身の血管を痛めますが、特に障害を起こしやすいのは「腎臓」「目」です。

腎臓が悪くなり、人工透析治療を受けている患者さんのうち一番多い原因は、糖尿病なのです。

体の先の方にある神経も傷んできます、そのため感覚が鈍くなったり、自律神経障害も起こします。また、傷が治りにくい、感染を起こしやすい状態となり、小さな切傷が酷くなって足や手の先を切除しなければならなくなることもあります。

血糖値の高い状態が続くと、このような怖い合併症を起こしてきます。そのため血糖値を正常にする必要があります。

病院では、根本治療ができない?

糖尿病は西洋医学では治らない?

検診などで血糖値が高いと診断された方は、病院にかかることが普通でしょう。

病院での治療は、血糖値を下げる薬を飲む、細胞に糖分を取り込ませるホルモンであるインスリンを注射する、といった血糖値を下げているだけなのです。

糖尿病になった、という体の状態を根治させるわけではありません。

薬には必ず副作用があります、生涯飲み続けることはできれば避けたいものです。薬の種類や量が合っていないことで、血糖値が下がり過ぎて倒れてしまうというリスクもあります。

西洋医学の薬物療法は根本治療とは言えないのです。

糖尿病治療の治療は東洋医学!

五臓六腑

一般の病院では根本治療できない糖尿病をどうしたらいいのか、そこで東洋医学の出番です。

治療の基本的は、食生活の改善が不可欠です。食生活改善を徹底すれば、確実に血糖値は下がっていきます。同時に取り組むべき重要なことがもう一つあります。それは、「体質改善、体の機能を高める」ということです。内臓の機能を高めるということですね。

東洋医学は、体質を変えたり、機能を高めることが非常に得意な医学です。

東洋医学でいう、脾臓、そして、肝臓の機能をアップさせることによって、血糖値は下がっていきます。

「血糖値に関係する臓器は膵臓じゃないの?」と思われるでしょう。東洋医学の世界では「脾臓・肝臓」は、西洋医学の脾臓・肝臓とは、別のものを指し消化器系全般を表しています。

東洋医学で血糖値を下げた改善ケース

さらに、東洋医学のアピールポイントは「血糖値を下げるツボ」があることです。

なんと、そこに鍼灸治療をすると、血糖値が下がっていきます。

当院のホームページには、糖尿病患者さんのアンケートや実際に下がった血糖値のデータを載せています。

糖尿病の改善例

実際のエピソードを紹介します。

ある患者さんは、病院の先生に「糖尿病は基本的に治らないから、一生薬を飲み続けなさい」と指導されていたそうです。藁をもすがる思いで、当院に来られました。当院では、14回の鍼灸治療で、血糖値がかなり改善しました。

検査データの改善が見られたため、「薬をやめてみようか」ということになったそうです。

東洋医学の糖尿病治療には実績があります。

東洋医学の立場としては、薬に頼っている患者さんを一人でも減らしたいのです。薬を飲み続けることは、治療費もかかりますし副作用の危険性もあります。

体に負担が少なく、効果を出せる東洋医学の糖尿病治療のエピソードを紹介しました。

まとめ

東洋はり灸整骨院 院長 石丸昌志

東洋医学で糖尿病の治療ができることを知っていだけましたか?

たくさんの薬を飲んだり、インスリンを注射したりする前に、ぜひ東洋医学の治療をうけてみて頂きたいのです。

当院では、患者さんの普段の行動、食生活、困っている症状などを良く聞き、最良の治療で成果を出したいと考えています。

糖尿病治療は東洋医学専門の治療院である当院にご相談ください。一緒に成果を出していきましょう。




★東洋はり灸整骨院のTwitterFacebookはこちら(フォロー、いいね大歓迎です!)

★東洋はり灸整骨院とLINE友達になるにはこちら↓(月1~2回 健康情報をお届け中!)

友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

東洋はり灸整骨院

東洋はり灸整骨院

東京都町田市で改善実績No.1の鍼灸整骨院
〒194-0022 東京都町田市森野1-34-18 ユニオンビル4F/5F(4F受付)
小田急線 町田駅北口 徒歩2分
TEL 042-705-6090

関連記事

  • 糖尿病は薬では治らない?東洋医学の治療で体質改善を!

  • 糖尿病の症状は鍼灸治療で克服しよう