1. TOP
  2. 【インフルエンザの予防接種】メリットよりデメリットの方が多い?

【インフルエンザの予防接種】メリットよりデメリットの方が多い?

 2018/01/20
この記事は約 4 分で読めます。

東洋はり灸整骨院、院長の石丸です。

今年もインフルエンザが大流行しましたね。

皆さんは、予防接種を受けましたか?

また、「予防接種を受けていたのにインフルエンザにかかってしまった…。」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ちなみに私個人の話ですが、私は毎年インフルエンザの予防接種は受けていません。(理由は後ほどお話ししますね。)

子供や高齢者などの免疫力が低い場合や、インフルエンザにかかると回復するまでに時間がかかったりするため受けた方が良いこともあるのですが、実は予防接種を受けてもインフルエンザの感染率は下がらないのです。

そこで本日は、インフルエンザの予防接種についてお話したいと思います。

石丸昌志

予防接種の一番の目的

インフルエンザの予防接種には、「予防」という言葉がついているので、ワクチンを打てばインフルエンザにならないと思っている方も多いかもしれません。

しかし、予防接種を受けても、インフルエンザの感染率には関係しないということはテレビでもお医者さんがよく話しています。

では、どうして予防接種を受けるのかというと、感染した時に重症化しないためです。

つまり、「感染しないようにではなく、重症化しないために予防接種を受ける」ことこそが、インフルエンザの予防接種の一番の目的なのです。

インフルエンザのワクチンに含まれているもの

皆さんは、インフルエンザのワクチンに何が含まれているかご存知でしょうか?

インフルエンザのワクチンには

  • 水銀
  • アルミニウム
  • ホルムアルデヒド

が入っています。それ以外にも多くの添加物が、入っています。

また、毎年インフルエンザの予防接種を受けられた方の内、何人かは重篤な後遺症に陥っていると言われています。

ワクチンと言っても様々な添加物が入った「異物」ですから、体に入れることで取り返しのつかない後遺症が残る場合もあるのです。

ワクチンには様々な添加物が入っていて、それにより後遺症を引き起こす可能性もあり、さらにはインフルエンザの感染自体は完璧には防げないというデメリットがあります。

デメリットも存在しているということを理解しておかなければならないのです。

予防接種の動画解説

インフルエンザ予防接種について、Youtubeにてお話させていただいた動画もございます。ぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?

本日は「インフルエンザの予防接種はメリットよりデメリットの方が多い」ということについて、お話しさせていただきました。

冒頭でもお話ししたように、予防接種は感染した時に重症化しないためのものですので、予防接種をしておけばインフルエンザに感染しない訳ではないことを理解しておかなければなりません。

インフルエンザは風邪の一種ですから感染したとしても、大きな問題にはなりません。タミフルなどの薬もありますが、それもリスクがありますので、家で安静にしておくのが一番の治療法と考えています。

ただ、ご自身の年齢や体調などを判断して受けた方が良い場合や、環境的に受けなければならないこともあるかとは思います。

その際には、メリットとデメリットの両方を比べて、その都度良い選択をするようにしていきましょうね。

(関連記事)

「身近な薬にも重大な副作用はある!」薬の危険性について考えよう

100%濃縮還元ではなく、無農薬のストレートジュースを飲もう!

不眠症、寝つきの悪い方必見!簡単にできる睡眠の質を上げる方法3選




★東洋はり灸整骨院のTwitterFacebookはこちら(フォロー、いいね大歓迎です!)

★東洋はり灸整骨院とLINE友達になるにはこちら↓(月1~2回 健康情報をお届け中!)

友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

東洋はり灸整骨院

東洋はり灸整骨院

東京都町田市で改善実績No.1の鍼灸整骨院
〒194-0022 東京都町田市森野1-34-18 ユニオンビル4F/5F(4F受付)
小田急線 町田駅北口 徒歩2分
TEL 042-705-6090

関連記事

  • 「薬のデメリット」薬剤師が薬を勧めない理由について

  • 国が副作用の有害性を認めた?慢性病は薬を沢山飲む前に「東洋医学」

  • 「身近な薬にも重大な副作用はある!」薬の危険性について考えよう

  • 『医薬品添付文書』を読めば、薬の成分や効果効能、副作用が分かる!