1. TOP
  2. 『医薬品添付文書』を読めば、薬の成分や効果効能、副作用が分かる!

『医薬品添付文書』を読めば、薬の成分や効果効能、副作用が分かる!

 2018/03/15
この記事は約 3 分で読めます。

東洋はり灸整骨院、院長の石丸です。

皆さんは、体調が優れない時などに飲んでいる市販薬について、どのくらい知識がありますか?

市販薬は一般用医薬品とも言われており、医師の処方箋を必要とせずに買うことができる医薬品のことを指します。

体調が悪い時に口にするものですから、飲んでいる薬は効果効能と合わせて、どんな副作用があるのかという点は気になるところですよね。

実は、この一般用医薬品には、効果効能と合わせて副作用が細かく書かれているものがあります。それを「医薬品添付文書」と言います。

この医薬品添付文書を読めば、効果効能と合わせて薬の成分や副作用が分かるのです。

そこで本日は、医薬品添付文書についてお話したいと思います。

石丸昌志

医薬品添付文書は必ずチェックするべし

例えばドラッグストアで何か薬を買う時は医師ではなく一般の方が判断して買います。その時に、一般の方でも薬の成分や副作用が分かるように製薬会社が発行しているのが「医薬品添付文書」です。

病院や処方箋薬局では薬剤情報提供書が添付されています。こちらには効果効能に加えて使用上の注意事項などは書かれていますが、細かい副作用については記載されていません。

処方された薬で副作用など細かい情報が気になる方は、インターネットで『(薬の名前) 医薬品添付文書』と調べていただければ製薬会社が作った薬の内容、細かい副作用が書かれたものを見ることができます。

薬は石油の副産物?

薬は基本的には石油の副産物から作られていますので人体には異物ですから、どんな副作用が起きるかは分かりません。

そのため、何が自分の体に起きる可能性があるのか、医薬品添付文書を確認することで知ることが出来ます。

一般用医薬品であっても、必ず事前にチェックするように心がけましょう。

医薬品添付文書の動画解説

医薬品添付文書について、Youtubeにてお話させていただいた動画もございます。ぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?

本日は、「医薬品添付文書を読めば、薬の成分や効果効能、副作用が分かる!」について、お話しさせていただきました。

一般用医薬品は、医師の処方箋なく買うことができるものですが、医薬品であることは確かです。

上述していますが、薬は基本的に石油の副産物から作られていますので、効果効能と合わせて、副作用を知ることは自分の体を守るために必要な手段だ、ということをしっかり理解しておくことが重要です。

一般用医薬品は、ドラッグストアなどで手軽に買える分、用法・用量を守らない方もいらっしゃるかと思います。

医薬品添付文書には、用法・用量についても記載されているので、事前に必ずチェックするという習慣を付けましょう。

(関連記事)

「身近な薬にも重大な副作用はある!」薬の危険性について考えよう

【インフルエンザの予防接種】メリットよりデメリットの方が多い?

東洋医学 6つの長所と4つの短所について




★東洋はり灸整骨院のTwitterFacebookはこちら(フォロー、いいね大歓迎です!)

★東洋はり灸整骨院とLINE友達になるにはこちら↓(月1~2回 健康情報をお届け中!)

友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

東洋はり灸整骨院

東洋はり灸整骨院

東京都町田市で改善実績No.1の鍼灸整骨院
〒194-0022 東京都町田市森野1-34-18 ユニオンビル4F/5F(4F受付)
小田急線 町田駅北口 徒歩2分
TEL 042-705-6090

関連記事

  • 「身近な薬にも重大な副作用はある!」薬の危険性について考えよう

  • 降圧剤を飲むと脳梗塞・認知症になる?高血圧は東洋医学で改善を!

  • 国が副作用の有害性を認めた?慢性病は薬を沢山飲む前に「東洋医学」

  • 【インフルエンザの予防接種】メリットよりデメリットの方が多い?