1. TOP
  2. 症状
  3. 東洋医学で逆子を矯正、鍼灸師が教える逆子のツボ 至陰について

東洋医学で逆子を矯正、鍼灸師が教える逆子のツボ 至陰について

 2016/07/10 症状
この記事は約 3 分で読めます。

東洋はり灸整骨院 院長の石丸昌志です。

今回は逆子について、お話させていただきます。

赤ちゃんとの対面が待ち遠しいお母さんは、出産への不安や恐怖よりも、赤ちゃんに会える喜びの方がずっと大きいと思います。

しかし、産婦人科のエコー検査で「逆子です」「帝王切開の方が良いかもしれない」と診断され、不安を抱えている方もたくさんいらっしゃるでしょう。

当院にも逆子でお悩みの方がたくさん来院されます。

「鍼灸治療で逆子が改善できるの?」

「どうやって治すんですか?」

と思った方もいらっしゃるかと思います。

そこで、今回は東洋医学・鍼灸による逆子の改善法についてお話していきます。

東洋医学で逆子の矯正ができることをぜひ知って頂きたいと思います。

逆子の出産がなぜ危険なのか?

クリニックドクター

逆子とは正確には骨盤位といいます。

正常な状態では、赤ちゃんは頭から出てきます。

頭から出てくると、肩の部分を通り抜けるときはそのまま手をすぼめた体制となり、するっと出てくることができます。

逆子で足からの出産になると、腕や肩の関節がひっかかってスムーズに出てこれない危険があります。

逆子は「帝王切開」が必要なのか?

悩める女性

出産するお母さんは、安全に赤ちゃんに会えるのなら、自然分娩でも帝王切開でも良いと言われるかもしれません。

しかし、帝王切開でおなか、子宮を切ることはその後、臓器の癒着や不妊につながることもあり、できれば避けたい状況です。

出産までに赤ちゃんの体勢が変わり、自然分娩ができるようになれば望ましいですね。

東洋医学での逆子の考え方と治療、「至陰」とは?

東洋医学の鍼灸治療で改善

逆子は、東洋医学では『胎位不正』といいます。

古くから逆子の鍼灸治療とし、「至陰の灸」が用いられてきました。数千年以上前の古医書にも、至陰の灸が有効であると書かれています。

「至陰」とは、ツボ(経穴)の名前です。

足第5指(小指)の爪・外側の下角のすぐ横にあるツボで、足の太陽膀胱経という経絡にあります。

赤ちゃんを宿すお母さんの体にとって腎という、体のベースになる臓腑を強くする事が大切になります。

「至陰」の属する膀胱経と腎経は表裏の関係です。相互に作用する力があるため、「至陰」に灸をするとお母さんに必要な腎の気を強くし、流れを整える効果があります。結果的に逆子を矯正することができると考えられています。

当院でも、それぞれの患者さんの体質に合わせた体の気を整える治療と並行して、「至陰」の灸を行っています。

東洋医学でお母さんのセルフケアをサポート

サポート女性

当院では、治療院以外で出来るセルフケアとして、お灸を毎日することも提案させていただいています。

そのツボは「三陰交」という足にあるツボです。足のムクミや疲れをとる効果もあります。

お灸のやり方や注意点、効果などを細かく指導します。

また、東洋医学による妊娠中の過ごし方についてもサポートさせていただきますので、ぜひご相談ください。

逆子についての動画解説

逆子について、Youtubeにてお話させていただいた動画もございます。ぜひご覧ください。

まとめ

東洋はり灸整骨院 院長 石丸昌志

いかがでしたか?

出産が心配な逆子(骨盤位)、出産までに無理のないよう矯正されるといいですね。

現在、逆子と診断されてお悩みの方は、ぜひ一度「ホンモノ」の東洋医学の治療が受けられる当院にぜひご相談ください。

安全な出産、嬉しい赤ちゃんとの対面になるよう、全力でサポートさせていただきます。


\ SNSでシェアしよう! /

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

東洋はり灸整骨院

東洋はり灸整骨院

東京都町田市で改善実績No.1の鍼灸整骨院
〒194-0022
東京都町田市森野1-34-18 ユニオンビル4F/5F(4F受付)
小田急線 町田駅北口 徒歩2分
TEL 042-705-6090

この人が書いた記事  記事一覧

  • 皮膚のかゆみやアトピーの症状は、東洋医学で根本改善を目指そう!

  • 「身近な薬にも重大な副作用はある!」薬の危険性について考えよう

  • お灸を使ってスッキリ美脚!足のむくみに有効なツボ 失眠-しつみん

  • 繰り返す吹き出物でお悩みなら、東洋医学で根本改善を目指そう!

関連記事

  • 腰椎椎間板ヘルニアの足腰の症状、東洋医学が効果的な理由とは?

  • 鍼灸治療で潰瘍性大腸炎を改善、20代女性の成功事例

  • 虫歯が無いのに歯が痛い非定形型歯痛とは?東洋医学で歯を治療しよう

  • 切れ毛、枝毛、パサつきなど髪のトラブルは東洋医学で根本改善を!

  • 肘部管症候群は副作用の少ない東洋医学、鍼灸治療で根本改善!

  • メニエール病(耳鳴り・難聴・めまい)は東洋医学・鍼灸治療で改善!