1. TOP
  2. 症状
  3. 円形脱毛症は症状の一つ、東洋医学で治療可能な理由とは?

円形脱毛症は症状の一つ、東洋医学で治療可能な理由とは?

 2016/07/30 症状
この記事は約 4 分で読めます。

今回は「円形脱毛症」の東洋医学の治療についてお話します。

円形脱毛症はいわゆる10円ハゲと言われる脱毛症です。男女ともに発症し、西洋医学では原因不明と言われています。

一箇所だけではなく、複数の円形脱毛が発生すると、患者さんはますます容姿に悩み、辛い日々を送ることになります。時にはウィッグを着用することもあるでしょう。

そんな辛い円形脱毛症にお悩みの方には、ぜひ東洋医学の治療を受けていただきたいのです。

それでは、その理由と東洋医学の治療について解説していきます。

石丸昌志

円形脱毛症の西洋医学治療は副作用の危険も?

薬の副作用

西洋医学(病院)では円形脱毛症の原因は分からず、原因不明というのが現状でしょう。

円形脱毛症を発症すると通常、皮膚科を受診すると思います。

処置として、ステロイドの注射、ステロイドの内服薬が処方されることが多いようです。なぜステロイドを処方するかというと、ステロイドには、多毛、毛が生えるという副作用があるからです。その副作用を利用して毛を生えさせようとするのです。

確かに毛が生えてきます。でもそれは、ステロイドの副作用を利用して無理に毛を生えさせているだけなのです。

それはそれで即効性があって患者さんに喜ばれるでしょう。しかし、根本的な治療ではありませんし、ステロイドの副作用が心配ではないかと思います。

円形性脱毛症は「症状」であって「原因」ではない

円形脱毛症に悩む男性

円形脱毛症は、あくまでも症状として現れているだけなのです。体の異常を現しているということなのです。

ですから病院に行っても、円形脱毛症だけを診て診断するため原因が分からないわけです。

東洋医学の診察で問診すると、円形脱毛症の症状と同時に様々な症状が出ていることが分かります。

例えば手足が冷える、足先が冷えるといった末端冷え性の人がいたり、生理不順や生理痛に悩み、生理前にすごくイライラする人、低気圧が近づいてくると頭痛が起きる、肩がこりやすい人、起床時から腰が痛い人がいたりなど、など様々です。

東洋医学では、こういった症状の一つ一つをすべて治していきます。

東洋医学による円形脱毛症治療の例

頭皮マッサージ

円形脱毛症の症状は共通していても、それ以外の症状は個別性があります。

  • Aさんは、手足の先の冷えと生理不順の悩みをもっている。
  • Bさんは、男性で、円形脱毛症の他に、鼻炎持ちで、よく風邪をひくし、朝になると腰が痛い。
  • Cさんは、ちくのう症、花粉症、逆流性食道炎の症状があって、胃の調子も悪い。
  • Dさんは、寝つきが悪く、眠りも浅い上、肩こりやドライアイの症状もある。

円形脱毛症という部分以外は、みんな違うわけです。

東洋医学では、全身を包括的に診て診断、治療を行います。そのため、各種症状と共に円形脱毛症も一緒に治していくことが可能なのです。

西洋医学のステロイド治療のような即効性はないかもしれませんが、根本的な治療を行い副作用がないため、安心して受けていただけます。

西洋医学は体をバラバラに診る、東洋医学は包括的に診る

東洋医学の鍼灸治療で改善

西洋医学の最大の盲点は、症状が現れた部分のみに注目して診断するということです。円形脱毛症しか診ないんですね。

腰痛は整形外科、鼻が悪いなら耳鼻咽喉科、うつ気味の人は心療内科、円形脱毛症は皮膚科、といったようにバラバラなのです。手足の冷えに至っては、診療科そのものがありません。

東洋医学は違います。常にその人の全体像を包括的に診ています。東洋医学には、「◯◯科」という区別はありません。全身の症状にアプローチしていけば、円形脱毛症という症状も治っていくという考え方です。

円形脱毛症について 動画解説

円形脱毛症について、私がYoutubeにてお話させていただいた動画もございます。ぜひチェックしてみてください。

まとめ

東洋はり灸整骨院 院長 石丸昌志

いかがでしたか?

・西洋医学(病院)では円形脱毛症の原因は分かっていない

・薬には副作用の危険性・リスクがある

・東洋医学は全身をを包括的に診る治療を行う

ということをぜひ知っていただければと思います。

そして、東洋医学はもともと慢性病の治療に非常に有効です。

円形脱毛症でお困りの方は、ぜひ東洋医学専門の治療院で診察を受けていただくことをオススメいたします。

もちろん当院でもお悩みに対応した治療を受けていただけます。ぜひ東洋医学専門の当院にご相談ください。

 

(関連記事)

小児の脱毛症でお悩みの方へ(公式HP)

鍼灸師が教える健康法「病的体質になる9つの食べ物について」

東洋医学 6つの長所と4つの短所について




★東洋はり灸整骨院のTwitterFacebookはこちら(フォロー、いいね大歓迎です!)

★東洋はり灸整骨院とLINE友達になるにはこちら↓(月1~2回 健康情報をお届け中!)

友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

東洋はり灸整骨院

東洋はり灸整骨院

東京都町田市で改善実績No.1の鍼灸整骨院
〒194-0022 東京都町田市森野1-34-18 ユニオンビル4F/5F(4F受付)
小田急線 町田駅北口 徒歩2分
TEL 042-705-6090

関連記事

  • 坐骨神経痛による足腰の痛み・しびれは東洋医学の鍼灸治療で根本改善

  • お酒と上手に付き合うために!東洋医学が教える二日酔いの対処法3選

  • 東洋医学で改善可能な血糖値とは?鍼灸で糖尿病を克服しよう

  • 辛いアトピーの症状は、東洋医学で内臓機能を高める治療をしよう!

  • 東洋医学専門の鍼灸師が教える、生理痛に有効なツボと対処法

  • 皮膚のかゆみやアトピーの症状は、東洋医学で根本改善を目指そう!