1. TOP
  2. 症状
  3. 不眠症、寝つきの悪い方必見!簡単にできる睡眠の質を上げる方法3選

不眠症、寝つきの悪い方必見!簡単にできる睡眠の質を上げる方法3選

 2016/09/28 症状
この記事は約 5 分で読めます。

東洋はり灸整骨院 院長の石丸です。

本日は、「睡眠の質を上げる方法」というテーマでお話しいたします。

人間にとって睡眠は、とても重要です。携帯電話を充電するのと同じで、しっかり睡眠をとれば充電できて、次の日も活力的に動けますよね。皆さんも寝不足だったり、満足な睡眠が取れず、つらい思いをしたことはあると思います。

「眠りたいのによく眠れず、日中つらい…。」

「寝つきが悪く、体がだるい…。」

「睡眠不足で集中力がかけている…。」

そうお悩みの方も多いのではないでしょうか?

もしかしたら、不眠症や睡眠障害でお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

今は便利な世の中になり、ゲームやおもしろい動画など刺激的なコンテンツが多いのでついつい寝不足になってしまうのも仕方ないところもあります。

しかし、睡眠の質を上げることは、人生の質を上げることにもつながります。

ですので、毎日しっかりした睡眠の時間を取るように心がけましょう。

それでは、これから東洋医学の考え方を交えながら、睡眠の質を上げる3つの方法をご紹介していきます。

ぜひ参考にしていただければと思います。

スマホ、パソコンは脳を休ませない?寝る30分前には終了しよう

睡眠障害とスマホ、パソコン

今や生活と切っても切り離せないスマートフォンやパソコン、テレビ。

特にスマートフォンは、肌身離さず持ち歩いていている人も多いようです。メッセージのチェックや、SNS、スマホゲーム等で寝る寸前まで画面を見ていませんか?

東洋医学では、「ヒサシクミレバシンヲヤム」という言葉があります。これは、「長くいると、心が病む」という意味です。この「心(しん)」というのは、「心臓」のほかに、「脳・中枢神経」のことも指しています。

スマホやパソコンの画面を見ている間は、脳に刺激を与え続けています。脳が刺激を受けすごく活発化し興奮している状態です。スマートフォンの画面を長く見たあとに、眠ろうと目を閉じると残像を感じたりすることがあります。これは脳が覚醒している状態なのです。

つまりスマホ、パソコン、テレビの画面は脳を休ませないのです。

しかし、現代は刺激的でやめられないゲームやアプリもたくさんありますし、気になるサイトや動画をついつい見てしまう方も多いと思います。

対策としては、寝る1時間~30分前には、スマートフォン、パソコン、テレビを見るのは控え、脳を休息の方向に持っていくことです。

できる方は電源を切ってしまうといいでしょう。一度電源を切ってしまえば、メールや電話の着信音も気になりませんし、また電源を入れなおして動画を見たり、ゲームをしようという気持ちも少し落ち着くはずです。

寝る前は携帯やパソコンの電源をオフにする。朝起きたら電源をオンにするということを習慣化すると良いと思います。

寝る前の読書にも注意が必要?

また、寝る前の読書を習慣にしている人も多いでしょう。

さらっと読む程度ならいいのですが、読解したり、記憶したりするような読み方をすると、脳が興奮し活性化してしまいます。眠りにつくために本を読んだのに、眠ろうとしてもなかなか眠れないという状態になってしまいます。

夜寝るときは、万物が寝静まっていくわけですから、ゆったりとした気持ちで眠りに入れるようにしたいものです。目から入る情報は絶ち、ストレッチなどをして気持ちを落ち着かせることが大切です。

質の良い眠りを目指すために、「気」を充実させよう

睡眠の質を上げる気

「寝ていても、眠りが浅い」という人もいます。これは眠りの質の問題です。

深い眠りにつこうとすると、気が充実しておらず熟睡できないという人です。これは、東洋医学では、「気虚(ききょ)」という状態です。

東洋医学でいう「気」というのは、元気、やる気、気合の気です。そういった「気」が、足りていないということです。東洋医学では、気が足りないと深い眠りにつけないと考えられています。

気が足りない理由は、2つです。

一つは、しっかり気を作れたとしても、日中にたくさん気を使ってしまい、気虚の状態になってしまいます。必要以上に気を使いすぎないことも大切と言えます。

もう一つは、そもそも気が作れる体ではない状態です。体が弱い方や、呼吸器系が弱い方は、気虚の状態に陥りやすいので、弱い部分を治療する必要があると思います。こういった方には東洋医学の鍼灸治療の治療が効果的と言えます。

気のレベルが上がれば、眠りが深く変化していくでしょう。

深夜1時には深い睡眠を!血液を浄化させる秘訣とは?

深夜1時には寝よう

毎日、深夜1時から3時までは、深い睡眠を取りましょう。

深夜1時から3時は、東洋医学では、「肝臓の時間」と考えられています。

東洋医学でいう、肝臓とは、血液を浄化してくれる器官です。血液の3分の2は、眠っている間に肝臓に戻ってきて、そこできれいに浄化されるのです。朝、きれいな血液を全身に行き渡らせることが出来ます。

体の血がきれいに浄化されないまま、次の日を迎えることになることは避けたいものです。血が汚れたままの状態は活力が乏しいのです。

ですので、深夜1時にはしっかり眠っている状態がベストといえます。

東洋医学による睡眠の質を上げる方法 動画解説

睡眠について、私がYoutubeにてお話させていただいた動画もございます。ぜひチェックしてみてください。

まとめ

東洋はり灸整骨院 院長 石丸昌志

いかがでしたか?

東洋医学の視点で睡眠の質を上げる方法をご紹介させていただきました。どの方法もすぐに実践可能な方法だと思います。

・スマホ、パソコン、テレビは寝る30分前に終了する。脳の興奮を冷まし、眠りに入りやすくする。

・深い眠りのためには「気」が充実していることが必要。東洋医学でいう「気虚」の状態を改善しよう。

・深夜1時から3時は深い睡眠をとる。肝臓で血液を浄化し、明日の活力を復活させる。

3つの方法を実践し、睡眠の質、人生の質を上げていただきたいと思います。

また「もしかしたら、私、気虚かも?」と疑っている方は、東洋医学の専門治療院である当院にご相談ください。しっかりと症状をお聞きし、診断、治療をさせていただきます。

睡眠の質を上げ、毎日を健やかに過ごしましょう。


\ SNSでシェアしよう! /

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

東洋はり灸整骨院

東洋はり灸整骨院

東京都町田市で改善実績No.1の鍼灸整骨院
〒194-0022
東京都町田市森野1-34-18 ユニオンビル4F/5F(4F受付)
小田急線 町田駅北口 徒歩2分
TEL 042-705-6090

この人が書いた記事  記事一覧

  • 皮膚のかゆみやアトピーの症状は、東洋医学で根本改善を目指そう!

  • 「身近な薬にも重大な副作用はある!」薬の危険性について考えよう

  • お灸を使ってスッキリ美脚!足のむくみに有効なツボ 失眠-しつみん

  • 繰り返す吹き出物でお悩みなら、東洋医学で根本改善を目指そう!

関連記事

  • 産婦人科のエコー検査で逆子と言われた場合、鍼灸治療で改善できる?

  • 顔面神経麻痺の原因は顔ではない?東洋医学の鍼灸治療で根本改善を!

  • 糖尿病は薬では治らない?東洋医学で根本治療をし、体質改善を!

  • 頭痛、肩こりはストレートネックが原因?東洋医学の観点から解説

  • 足腰が痛い・痺れる!梨状筋症候群でお悩みならぜひ鍼灸治療を!

  • 脳梗塞や認知症の危険も!東洋医学による薬不要の治療で高血圧を改善