1. TOP
  2. 症状
  3. 腰椎椎間板ヘルニアの足腰の症状、東洋医学が効果的な理由とは?

腰椎椎間板ヘルニアの足腰の症状、東洋医学が効果的な理由とは?

 2016/09/13 症状
この記事は約 4 分で読めます。

東洋はり灸整骨院、院長の石丸です。

今回は「腰椎椎間板ヘルニアは鍼灸治療で治療できるか?」についてお話させていただきます。

日常会話の中で、「ヘルニアがあって腰が痛い」「持病のヘルニアが悪化してつらい」等は聞きなれているかもしれませんね。

しかし、みなさんはどれくらいヘルニアについて知っているでしょうか?

誤解されていることもたくさんあるようです。

そこで今回は、腰椎椎間板ヘルニアの症状について、そして東洋医学の鍼灸治療が効果的な理由について解説していきます。

石丸昌志

腰痛、下肢の痛みやシビれを引き起こす腰椎椎間板ヘルニアとは?

坐骨神経痛

椎間板ヘルニアは、腰や臀部(お尻)、下肢に痛みやシビれを感じたりする病気の代表格といえます。

本来「ヘルニア」とは、「あるべきところから逸脱する、はみ出す」という意味で、腰だけに起こるわけではありません。しかし、患者さんの数が多いことから「ヘルニア=腰」が一般的なイメージとして定着しているほどです。

背骨は積み重なるように形成されています。

一つ一つの背骨の間に緩衝材として椎間板というクッションが挟まっています。これが骨の変形や圧迫により、飛び出し周囲の神経を圧迫することで、症状が現れると考えられています。

レントゲンやMRIは本当の病状はわからない?つらいヘルニアの症状

レントゲン

腰痛や下肢のシビれなどを感じた場合、整形外科を受診することが一般的だと思います。

症状を一通り確認したのち、レントゲン検査や、MRI検査を行い「ヘルニアです。」と診断されることでしょう。

ここで重要なことは、はたしてその「ヘルニア」は、真実なのか? ということです。

なぜかと言いますと、実は「画像診断と患者さんの自覚症状は一致しない」という事実があるからです。

整形外科学会は、「80%の患者さんの画像診断所見と自覚症状が一致しない」ということを発表しています。

これは何を表しているかというと、「画像診断上ヘルニアの神経圧迫が少ないから症状が軽い」とは言い切れない、ということです。

本当はヘルニアではないのにヘルニアと診断されたり、ヘルニアの症状があるのに「異常がありません」と言われるケースが多々あるのです。

では、どうすればいいのでしょうか?そこは、東洋医学の治療にお任せください!

東洋医学が考えるヘルニアの治療は、人体の動きを整える鍼灸治療

腰痛のツボ

レントゲンもMRIも、画像診断はすべて静止画です。

人体は寝ている時でも常に動いています。骨と筋肉の関係も「動き」で診なければ、正しく診察できません。

東洋医学は常に人体を動いているものとして診ています。動きを想定して痛みの原因を治していくわけです。

人体の働きを整えることは、東洋医学、鍼灸の得意分野なのです。

ヘルニア手術を受ける前に、まず東洋医学の治療院にご相談を!

東洋医学の鍼灸治療で改善

西洋医学のヘルニア治療は、痛み止めを服用する、ブロック注射をする、牽引治療、低周波治療、手術療法などがメインです。

しかし、薬・注射・手術には必ず副作用があるといっても過言ではないでしょう。

また、先に説明したように、画像診断と症状は80%の割合で一致しません。

「MRIでヘルニアがすごく悪くなっている、手術したほうが良い」とすすめられたとしても、その判断が正しいとは言い切れないのです。

ヘルニアの手術は、内視鏡・超音波・切開といろいろな方法があるようですが、切開した場合、入院期間は2~3週間かかります。ヘルニアを切るために正常な筋肉にメスを入れるわけですから、リハビリも必要になるでしょう。

ですので、手術を受ける前に、ぜひ東洋医学の診断・治療を受けていただくことをおすすめします。

東洋医学によるヘルニア改善法 解説動画

ヘルニアの症状について、私がYoutubeにてお話させていただいた動画もございます。ぜひチェックしてみてください。

まとめ

 東洋はり灸整骨院 院長 石丸昌志

いかがでしたか?

・80%の患者さんの画像診断所見と自覚症状が一致しない

・薬・注射・手術には副作用がある

・人体の働きを整えることは、東洋医学・鍼灸の得意分野である

ということをぜひ知っていただければと思います。

そして、辛い腰の痛み、足のシビれ、歩きにくさなど腰椎椎間板ヘルニアでお悩みの方、ぜひ東洋医学の治療を受けてください。

もちろん、東洋医学専門治療院である当院にもご相談ください。腰だけでなく全身の不調に注目して、総合的に治療していきます。

つらい症状がなくなり、生き生きと生活できるようお手伝いいたします。




★東洋はり灸整骨院のTwitterFacebookはこちら(フォロー、いいね大歓迎です!)

★東洋はり灸整骨院とLINE友達になるにはこちら↓(月1~2回 健康情報をお届け中!)

友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

東洋はり灸整骨院

東洋はり灸整骨院

東京都町田市で改善実績No.1の鍼灸整骨院
〒194-0022 東京都町田市森野1-34-18 ユニオンビル4F/5F(4F受付)
小田急線 町田駅北口 徒歩2分
TEL 042-705-6090

関連記事

  • 東洋医学で改善可能な血糖値とは?鍼灸で糖尿病を克服しよう

  • 東洋医学専門の鍼灸師が教える喘息、小児喘息に有効な3つのツボ!

  • 腰椎すべり症のつらい症状は東洋医学の鍼灸治療で根本改善を

  • 肘部管症候群は副作用の少ない東洋医学、鍼灸治療で根本改善!

  • うつ病の症状は東洋医学・鍼灸治療で根本改善を目指そう!

  • 唾液過多症 鍼灸治療の改善例、20代男性「唾液量が普通に戻りました。」