1. TOP
  2. 症状
  3. 坐骨神経痛による足腰の痛み・しびれは東洋医学の鍼灸治療で根本改善

坐骨神経痛による足腰の痛み・しびれは東洋医学の鍼灸治療で根本改善

 2016/09/13 症状
この記事は約 4 分で読めます。

東洋はり灸整骨院、院長の石丸です。

今回は「坐骨神経痛は鍼灸治療で治るか?」についてお話していきたいと思います。

坐骨神経痛による腰から下半身、足にかけて感じるしつこい痛みやシビレ。

「ピリピリした感じが取れない…。」

「慢性的に痛みがあり気分が晴れない…。」

と悩んでいる方はたくさんおられます。

坐骨神経痛とは、病名でしょうか?病名であれば原因があるはずです。

しかし、坐骨神経痛は病名ではなく、実は「状態」です。

この坐骨神経痛の症状でお悩みの方はとてもたくさんいらっしゃいます。当院にもたくさんの方が来院されます。

しかし、病院や整体、マッサージなどへ行かれても治らない方も多いのが現状です。

「なぜ坐骨神経痛はなかなか完治しないのか?」

そして、

「病院、整体やマッサージで改善されなかった症状が鍼灸治療で治ってしまうのか?」

それらについて今回はお話させていただきます。

それでは、東洋医学の鍼灸治療が坐骨神経痛に効果を発揮する理由を解説していきましょう。

坐骨神経痛はレントゲン検査には写らない、症状で判断される

レントゲン

腰やお尻、あるいは、足に痛みを覚えたら、まず整形外科のクリニックを受診することが多いでしょう。そこでは、一通り症状を聞いた後、レントゲンを撮って「坐骨神経痛」と診断されることが多いのです。

では、坐骨神経痛はレントゲンに写るものなのでしょうか?

実は、坐骨神経痛自体はレントゲンには写りません。

腰椎という腰骨の変形や湾曲、椎間板という背骨のクッションの変形の状態によって、「おそらくこれが原因で神経が圧迫されて症状が出ている」という推測に過ぎないのです。

次に、レントゲンで強い腰骨の変形があるにも関わらず「何の症状もない人」、神経圧迫の画像がないのに「痛みで困っている人」が出てくる理由についお話させていただきます。

東洋医学が坐骨神経痛に効く理由とは?

東洋医学と坐骨神経痛

人は常に動いています。

止まったり、歩いたり、ねじったり、曲げたりしています。

レントゲンをはじめとする画像診断、MRI・CTなどは、静止した状態でしか撮影できません。レントゲンを撮るときに、「体を動かさないでください」と注意されますね。

整形外科学会が発表した見解でも、「80%の患者さんの画像診断と患者が感じている症状が一致しない」と発表されています。

つまり静止画で撮影した骨や椎間板の状態は、症状と一致しにいことが西洋医学でも明らかになっているのです。

東洋医学の考え方からすると、人間の動きを考慮して治療をしなければ、実際の症状とは結びつかないのです。東洋医学は人間の動きを考慮して症状にアプローチします。それが坐骨神経痛に効果的な理由です。

当院にも、坐骨神経痛の患者さんがたくさん来院されます。

「大きな病院にいったが、原因がわからないまま湿布と痛み止めだけ出された」

「どの病院に行っても治らない、ブロック注射は受けたくない」

「痛みが続いてつらい、歩けないので体力が弱ってきた」

症状は様々です。そういった方々には、「鍼灸治療」が非常に効果的です。

なぜ鍼灸治療が効くのかというと、東洋医学は人間を動的にとらえ、体の働きを考えながら治療をしていくからです。

また、薬を飲んだり、手術をしたりすることはリスクも伴いますし、副作用のことも考えなければならないので注意が必要です。

一方東洋医学は長い歴史がある治療法です。副作用の心配もございませんので、安心していただけると思います。

坐骨神経痛、東洋医学の鍼灸治療の実例、90歳の患者さんも!

坐骨神経痛を改善された患者様

当院に、90歳の高齢の患者さんが来られました。

その方は、大学病院で、腰部脊柱管狭窄症の診断を受けられ、非常に症状の強い坐骨神経痛がありました。「下肢の痛み、シビれ、筋力低下で車椅子になるかもしれない」と言われていたそうです。

藁にもすがる思いで当院に来院されました。

症状をよく確認しながら、根気強く鍼灸治療を行い、日常生活に支障がない状態まで回復しました。

その患者さんのインタビュー動画も当院のホームページにございますので、お時間がありましたらぜひご覧ください。

東洋医学による坐骨神経痛改善法 解説動画

坐骨神経痛について、私がYoutubeにてお話させていただいた動画もございます。ぜひチェックしてみてください。

まとめ

東洋はり灸整骨院 院長 石丸昌志

いかがでしたか?

・80%の患者さんの画像診断と患者が感じている症状が一致しない

・薬や手術に伴うリスクは東洋医学ではほとんどない

・東洋医学は人間を動的にとらえ、体の働きを考えながら治療していく

ということをぜひ知っていただければと思います。

当院はこれまでに坐骨神経痛でお困りの患者さんの症状を改善してきた実績を持っています。

下肢の痛み、シビれ、筋力低下などの坐骨神経痛の症状にお悩みの方は、東洋医学の治療院である当院にご相談ください。

辛い症状から解放し、健康的な体を手に入れられるようスタッフ一同サポートさせていただきます。


\ SNSでシェアしよう! /

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

東洋はり灸整骨院

東洋はり灸整骨院

東京都町田市で改善実績No.1の鍼灸整骨院
〒194-0022
東京都町田市森野1-34-18 ユニオンビル4F/5F(4F受付)
小田急線 町田駅北口 徒歩2分
TEL 042-705-6090

この人が書いた記事  記事一覧

  • 皮膚のかゆみやアトピーの症状は、東洋医学で根本改善を目指そう!

  • 「身近な薬にも重大な副作用はある!」薬の危険性について考えよう

  • お灸を使ってスッキリ美脚!足のむくみに有効なツボ 失眠-しつみん

  • 繰り返す吹き出物でお悩みなら、東洋医学で根本改善を目指そう!

関連記事

  • 腰椎分離症は鍼灸治療で体全体の働きを整え、根本改善を目指そう

  • 不眠症、寝つきの悪い方必見!簡単にできる睡眠の質を上げる方法3選

  • 産婦人科のエコー検査で逆子と言われた場合、鍼灸治療で改善できる?

  • 子供のおねしょ、夜尿症の悩みも東洋医学の鍼灸治療で改善しよう!

  • 東洋医学で治療可能な梅核気、西洋医学で原因不明な咽喉頭異常感症

  • 切れ毛、枝毛、パサつきなど髪のトラブルは東洋医学で根本改善を!