1. TOP
  2. 症状
  3. 腰椎すべり症のつらい症状は東洋医学の鍼灸治療で根本改善を

腰椎すべり症のつらい症状は東洋医学の鍼灸治療で根本改善を

 2016/09/14 症状
この記事は約 5 分で読めます。

東洋はり灸整骨院、院長の石丸です。

今回は「腰椎すべり症は鍼灸治療で改善できるか?」について解説します。

「腰が痛い」

「背中をそるようにすると特に痛くなる」

「足の方がシビれる感じがする」

このような症状を感じたとき、普通は整形外科を受診されることが多いでしょう。

腰椎すべり症は、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアと並んで足腰の不調をきたす病気の代表格です。

なぜ、腰椎すべり症に東洋医学が効くのか、解説していきましょう。

石丸昌志

整形外科的な視点でみた、腰椎すべり症の状態

腰椎すべり症の症状

出典:lumbago-guide.com

「すべり症」とはどういう状態でしょうか。

背骨の骨、椎骨は上下に重なり合うように形成されています。自然なS字カーブを描き、容易なことでは外れたり、ずれたりしないようになっています。

椎骨が何らかの原因で、位置がずれた状態を「すべり症」といい、腰部に起こる頻度が高く、移動する方向は、体の前方(お腹側)に向かってすれることが多いです。

背骨の骨(椎骨)のずれにより、神経圧迫が起こり様々な症状が出ると考えられています。

腰椎すべり症は、厳密に分類すると腰椎すべり症、腰椎分離すべり症などに分類されます。

加齢や生活習慣によっておこるものや、高いところからの転落などの外傷によって起こることもあります。

レントゲンなどの画像診断は間違っていることもある?

レントゲン撮影

足腰に異常を感じて、病院に行きます。

そこで、一通り症状を聞かた後、必ずと言っていいほどレントゲン撮影が行われます。

腰椎すべり症は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症に比べ、レントゲンでの変化が明らかで、診断がつけやすいようです。

画像を診て「すべり症ですよ。すべり症だから腰が痛いのです。」と言われた方は多くいらっしゃると思います。レントゲンでは分かりにくいので、MRIで良く調べましょう、とすすめられることもあります。これは一般的な整形外科診察の流れです。

ですが、腰痛でお困りの方にぜひ知っておいていただきたい、重要なことがあります。

それは、日本の整形外科学会が発表した内容「80%の患者さん症例で、画像と患者さんの症状が一致しない」ということです。

これは、どういうことを表しているか解説します。

画像上、とてもひどいすべり症があっても、ほとんど症状がない患者さんや激しい症状で悩んでいるにもかかわらず、画像上はたいしたことはないと判断されるケースが多いということです。

「西洋医学の整形外科、画像診断は絶対ではない」ということを知っていただきたいのです。

レントゲン・画像診断の弱点とは?

レントゲン

レントゲン・MRI・CTなどの画像は静止画像です。

東洋医学を実践している私たちからいうと、静止画像で正しく診断できないことは当たり前です。

人間は、寝ているときですら静止していることはありません、常に動いています。骨・筋肉・神経・気の流れと関連しあって作用します。

骨のすべり具合や変形の状態だけで、症状と関連付けることはできないのです。

腰が痛くて困っている、すべり症と言われた、という患者さんでも、実は痛みの原因は他にある可能性も強いということなのです。

これが画像診断の弱点なのです。

薬・注射・手術なしでも症状が改善する東洋医学治療

お灸

西洋医学の整形外科治療は、痛みや症状を取り除く治療として、痛み止めや抗炎症剤の服用、痛み止めのブロック注射、骨の位置を強制⇒矯正する手術などを行います。

これらには、必ず副作用があり、安全とは言い切れません。

ですので、すべり症と診断された患者さんは、東洋医学の鍼灸治療を試していただきたいのです。

東洋医学の治療は、静止した人間の体を捉えるのではなく、動きのある体、働きのある体全体を標的にして、根本治療することができる医学です。

体の機能を高め、腰の症状とともに全身の不調を同時に解決していきます。

薬・注射・手術に頼りる前に、ぜひ東洋医学の治療を受けてください。

患者様の喜びの声、すべり症に対する当院の治療実績は?

鍼灸治療ですべり症を改善

「整形外科での治療を何年受けても症状が良くならない、手術しか方法がないと言われて戸惑っている…。」そんな患者さんが藁にもすがる思いで、東洋医学治療の門を叩かれます。

患者さんの大半は、「鍼治療ですべり症が治るのか?」「東洋医学の事はよくわからない。」と半信半疑です。

しかし、徐々に体調の変化を実感され、悩みの足腰のつらさが解消、喜びの声を聴かせてくれるようになります。

当院では、整形外科ですべり症と診断された患者さんでも、80%以上は症状改善につなげられる自信を持っています。

東洋医学によるすべり症 解説動画

すべり症の症状について、私がYoutubeにてお話させていただいた動画もございます。ぜひチェックしてみてください。

まとめ

東洋はり灸整骨院 院長 石丸昌志

いかがでしたか?

・レントゲン(画像診断)は絶対ではない

・薬・注射・手術には副作用がある

・東洋医学の鍼灸治療を受け、症状を改善された患者様がたくさんいる

ということをぜひ知っていただければと思います。

腰椎すべり症と診断されて、手術をすすめられている方。ずっと痛み止めの薬に頼っている方。症状が続き憂鬱な気分の方。すべり症は整形外科でないと治療できないと思い込んでいる方。

ぜひ東洋医学の治療院である当院にご相談ください。

経験豊富なスタッフが、歴史ある東洋医学の技を駆使して、悩みを解決できるよう治療していきます。

 

(関連記事)

腰部脊柱管狭窄症,頸肩腕症候群を改善された患者様の声(公式HP)

慢性的な肩こり・腰痛の原因は肝と肺?東洋医学でスッキリ解消しよう

「身近な薬にも重大な副作用はある!」薬の危険性について考えよう




★東洋はり灸整骨院のTwitterFacebookはこちら(フォロー、いいね大歓迎です!)

★東洋はり灸整骨院とLINE友達になるにはこちら↓(月1~2回 健康情報をお届け中!)

友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

東洋はり灸整骨院

東洋はり灸整骨院

東京都町田市で改善実績No.1の鍼灸整骨院
〒194-0022 東京都町田市森野1-34-18 ユニオンビル4F/5F(4F受付)
小田急線 町田駅北口 徒歩2分
TEL 042-705-6090

関連記事

  • 東洋医学で改善可能な血糖値とは?鍼灸で糖尿病を克服しよう

  • 辛いアトピーの症状は、東洋医学で内臓機能を高める治療をしよう!

  • 【喘息でお悩みの方必見】季節との関係を知り、薬漬けから脱却しよう

  • 頸椎症はレントゲンでは分からない?東洋医学の鍼灸治療で改善しよう

  • 線維筋痛症の痛みやしびれでお悩みなら、東洋医学の鍼灸治療を!

  • 【便秘の解消法】体質改善にオススメ 3つの方法!お茶・漢方・鍼灸