1. TOP
  2. 症状
  3. 皮膚のかゆみやアトピーの症状は、東洋医学で根本改善を目指そう!

皮膚のかゆみやアトピーの症状は、東洋医学で根本改善を目指そう!

症状
この記事は約 5 分で読めます。

東洋はり灸整骨院、院長の石丸です。

皆さんは、皮膚のかゆみや、繰り返し起こる皮膚トラブル、なかなか改善されないアトピー性皮膚炎などにお悩みではありませんか?

このような皮膚症状がなぜ起きるのかというと、東洋医学には「皮膚は体のごみ捨て場」という言葉があるように、体の老廃物が行き場をなくして皮膚から出ているということなのです。

皮膚症状が起こっているのは老廃物が原因なので、体の中の浄化が重要になってきますが、その際にステロイドなどで一時的に症状を抑えたとしても根本的な解決には至りません。

そこで今回は、皮膚症状に対する東洋医学による改善法をお話ししたいと思います。

石丸昌志

皮膚に症状が出ている時こそ、体を見直そう

皮膚症状が出ている時は、東洋医学では体が老廃物を出してくれている状態と捉えます。そのため、老廃物は全て出しきって、今後は出ないようにしていくというのが一番良いと言えます。

それには、体の浄化能力を高めること、そして食べ物に気を付け、便通を促してしっかり毒を外に出せる体にすることが大切なのです。皮膚症状が出ている時こそ、体をしっかり見直すチャンスでもあるのですね。

皮膚症状が出やすい人はどんなタイプ?

皮膚症状が出やすい人について、もう少し東洋医学的に考えてみましょう。東洋医学では「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」を中心に考えます。

五臓には肝臓、心臓系、胃腸系、肺・呼吸器系、腎臓系とあります。それぞれの臓器に対して、出やすい症状や、好き嫌い、性格などの特徴があります。

皮膚症状は五臓の中の「肺」タイプに当てはまります。

「肺」の特徴

肺の特徴には風邪をひきやすい、風邪の時に喉が痛む、咳がよく出るという特徴があります。

呼吸器に関係する症状としては、鼻の症状、鼻炎花粉症がでやすい、声が急に出なくなることもあります。また、大腸に症状が出ることも多く、便秘、下痢、両方を繰り返すこともあります。

その他にも、辛い物が好き、もしくは極端に嫌い、色白の人、というのも特徴にあります。

朝に症状が出ることも多く、朝に腰が痛い、体がだるい、歩くと足が痛いというように、朝に何かしらの不調が起きやすくなります。

また秋の季節にも弱く、特に8月7日以降、立秋で季節が夏から秋に入る時に体調を崩すことが多い傾向にあります。

他にも、憂鬱になることが多い、元気が出ない、悲しみなども関係します。

東洋医学でいう「気の病」になりやすいのです。

気の病とは?

気の病には、例えば気鬱があります。

これは気が滞っている状態を指していて、抑鬱(抑うつ)傾向、喉のつかえ感、胸のつかえ感、胸の詰まった感じがあります。さらには、おならが多い、ゲップが出る、残尿感ということにもつながることが多くあります。

気虚の場合は、気が足りなく、要はガス欠状態です。体がだるい、気力がない、疲れやすい、風邪を引きやすいと色々あります。「気」と一言で書いても、滞る、足りなくなるなど色々とあるのです。

西洋医学による皮膚病の治療

ここまで東洋医学の考えを元に、皮膚症状が起きる方の様々な症状を挙げました。

しかし、西洋医学ではこれらの症状が出た時に、それぞれの科が診ることになります。

  • 皮膚症状は皮膚科
  • 鼻は耳鼻科
  • 大腸は胃腸科
  • 肺は呼吸器科
  • 憂鬱は心療内科
  • 朝の腰痛は整形外科

となります。

気鬱が原因で様々な症状が出ても、

  • 抑うつ感は心療内科
  • 頭痛は脳神経外科
  • 喉のつかえ感は耳鼻科
  • 胸の詰まりは呼吸器科
  • おならやゲップは胃腸科
  • 残尿感は泌尿器科

というようになりますね。

肺に関係する症状も、気鬱に関してもいかにバラバラに診ているかがわかります。

そして、

  • 皮膚科で塗り薬
  • 呼吸器科で咳止め
  • 便秘に下剤
  • 憂鬱で抗うつ剤
  • 鼻が悪いから抗ヒスタミン剤
  • 朝腰が痛いから湿布と痛み止め

というように症状を抑える薬が出るだけですから、根本的に治すことはできないのです。

根本改善を目指すなら東洋医学

東洋医学なら、「肺」のツボを使えば一気に全部改善することもできます。その場しのぎの対処療法ではなく、根本的に改善するのです。

何らかの皮膚の症状をお持ちの患者さんは、東洋医学的な視点からすると、他の症状も持ち合わせていることが多いです。先ほどあげた症状の全てではなく、1つ2つかもしれません。

しかし、西洋医学のやり方ではそれぞれの症状ごとに科が変わるので、治るまでには時間がかかってしまうのです。

まとめ

いかがでしたか?

皮膚症状が出やすい方は、東洋医学でいう「肺・呼吸器系」に分類されることが多いということが分かりましたね。さらには、肺タイプの方が皮膚症状以外に出やすい体の不調に関しても、お分かりいただけたかと思います。

皮膚に何らかの症状が出た場合、皮膚科へ行き、症状を診てもらうことも大事です。

しかし、体は全部つながっていますから、その他にも体全体を総合的に診た上で、他にはどのような治療が必要なのかという視点を入れておくと改善のスピードがさらに上がっていきます。

皮膚に症状が出て、なかなか良くならないとお困りの方は、ぜひ東洋医学での治療をご検討ください。

(関連記事)

東洋医学で皮膚病を根本改善しよう!皮膚病の原因と治療方法

繰り返す吹き出物でお悩みなら、東洋医学で根本改善を目指そう!

不眠症、寝つきの悪い方必見!簡単にできる睡眠の質を上げる方法3選




★東洋はり灸整骨院のTwitterFacebookはこちら(フォロー、いいね大歓迎です!)

★東洋はり灸整骨院とLINE友達になるにはこちら↓(月1~2回 健康情報をお届け中!)

友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

東洋はり灸整骨院

東洋はり灸整骨院

東京都町田市で改善実績No.1の鍼灸整骨院
〒194-0022 東京都町田市森野1-34-18 ユニオンビル4F/5F(4F受付)
小田急線 町田駅北口 徒歩2分
TEL 042-705-6090

関連記事

  • 「体がだるい」慢性疲労症候群の方必見!東洋医学による5つの対処法

  • メニエール病(耳鳴り・難聴・めまい)は東洋医学・鍼灸治療で改善!

  • 腰椎分離症は鍼灸治療で体全体の働きを整え、根本改善を目指そう

  • 足裏の炎症 足底筋膜炎!湿布や薬で治らないなら東洋医学の治療院へ

  • うつ病の症状は東洋医学・鍼灸治療で根本改善を目指そう!

  • 円形脱毛症は症状の一つ、東洋医学で治療可能な理由とは?