1. TOP
  2. 腰痛
  3. 【東洋医学が考える腰痛】気の流れを整えて症状を改善させる?

【東洋医学が考える腰痛】気の流れを整えて症状を改善させる?

 2016/08/01 腰痛
この記事は約 4 分で読めます。

東洋はり灸整骨院の石丸です。

東洋医学専門の鍼灸院である東洋はり灸整骨院にも、腰痛でお悩みの方がたくさん来店されます。

病院、整骨院、整体等を訪れるきっかけとしても「腰痛」はとても多い症状だと思います。

慢性的な腰痛の場合、骨盤の歪みをみたり、筋肉をほぐしたり、色々な治療を行っても一時的な効果で、またすぐ痛みがぶり返すという経験はありませんか?

そこで今回は、東洋医学が捉える腰痛についてお話しをさせていただきたいと思います。

石丸昌志

病院、クリニック、整体などで痛みが治まらない理由

腰痛が西洋医学で治らない理由

「なぜ、局所を揉んだり、骨の位置を矯正しても痛みが治まらないのか?」東洋医学の視点で解説します。

西洋医学で腰痛は主に骨・筋肉・神経の障害と考えられています。

身体の中心を通る背骨(脊柱)とその中を通る神経(脊髄)の変形や圧迫によって説明される病気や骨盤や脊柱の歪みによる筋肉への負担などが指摘されます。

  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 腰椎すべり症
  • 坐骨神経痛

等の病気です。

レントゲン検査、MRI検査(磁気共鳴画像診断装置検査)等で、骨の物理的変形や神経の圧迫状態と、腰に起こる症状を合わせて病名を付けていきます。

しかし、骨や神経の物理的な変形がほとんどないにもかかわらず強い症状を訴える方、レントゲンでは強い変形があるにもかかわらず症状がほとんどない方もいます。

骨や神経の物理的変化だけで、腰痛は説明できないと言えるのではないでしょうか。

東洋医学の大原則「不通促痛」とは

全身

東洋医学の大原則で不通促通という言葉があります

通らなければ痛みを促しますよという意味です。

何が通らないのかと言いますと、「気血の流れ」です。

病気は気が病むと書きます。また、

  • 元気
  • やる気
  • その気
  • 空気
  • 電気
  • 天気

など「気」という言葉はとても身近で、欠かせないものです。

血液

あとは血液。

東洋医学的な血液の流れは、西洋医学的な血液とは少し違います。イメージとしては、全身をめぐる血液の流れ、ということで大丈夫です。

病気の気、血液の血の流れが停滞すると、不通促通の状態となり痛みを促します。痛みは、「血液が流れていませんよ、滞っていますよ。」という身体からのサインなのです。

東洋医学の腰痛治療はぶり返さない

鍼灸

マッサージをしたり、ストレッチをしたり、骨盤の歪みを整えると、一時的に気の流れが改善されるので痛みは軽減します。しかし、他動的で一時的な気の流れですので、すぐに痛みがぶり返すのです。

一方、東洋医学は気血を流すポンプの力を強めていきます。そうすると、自分の力で気を流す状態を作る事ができ、根本的な治療となります。不通促通が解消されて痛みが出ない事につながるのです。

このように東洋医学は、体の根底から治していく根本的治療です。

表面上の治療をするのではなく、

  • 根底の生命力
  • 根底の五臓六腑
  • 根底のポンプ作用

を底上げする事によって、痛みの出ない体を作っていくわけです。

東洋医学による腰痛改善法 動画解説

腰痛に有効なツボについて、私がYoutubeにてお話させていただいた動画もございます。ぜひチェックしてみてください。

まとめ

東洋はり灸整骨院 石丸昌志

いかがでしたか?

ぎっくり腰・ヘルニア・坐骨神経痛などの病名と言われた方、慢性的な腰痛に悩んでいる方は、是非とも東洋医学専門の鍼灸院へお越しください。

もちろん、東洋医学専門の鍼灸院である東洋はり灸整骨院にもご相談ください。

腰痛だけでなく、その他の症状もしっかりと確認し、気血の流れを改善する治療を行っていきます。辛い腰痛を改善し、健康的な体を取り戻しましょう。

 

(関連記事)

骨の変形、神経圧迫だけでは説明できない腰痛

腰痛は全身の機能低下が原因だった?

腰痛にも効く手首のツボ 通理(つうり)について




★東洋はり灸整骨院のTwitterFacebookはこちら(フォロー、いいね大歓迎です!)

★東洋はり灸整骨院とLINE友達になるにはこちら↓(月1~2回 健康情報をお届け中!)

友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

石丸昌志

石丸昌志

合同会社 東洋医学研究所 代表

◆東洋はり灸整骨院 町田本院
〒194-0022 東京都町田市森野1-34-18 ユニオンビル4F/5F(4F受付)
小田急線 町田駅北口 徒歩2分
TEL 042-705-6090

◆東洋はり灸院 国分寺院
〒185-0012 東京都国分市本町2-2-11-4F
JR国分寺駅北口 徒歩2分
TEL 042-407-6168

関連記事

  • 腰痛は全身の機能低下が原因?鍼灸で根本改善を!

  • 朝の腰痛でお悩みなら東洋医学専門の鍼灸院へ

  • 【東洋医学が捉える腰痛】骨の変形、神経圧迫だけでは説明できない?

  • 慢性的な肩こり・腰痛の原因は肝と肺?東洋医学でスッキリ解消しよう

  • 腰痛のツボ 孔最(こうさい)-東洋医学専門の鍼灸師による解説

  • 腰痛に有効なツボ 腰陽関(こしようかん)をお灸で刺激しよう