1. TOP
  2. 症状
  3. 寒冷アレルギーの体質改善は東洋医学にお任せを!その理由を解説!

寒冷アレルギーの体質改善は東洋医学にお任せを!その理由を解説!

 2016/07/30 症状
この記事は約 4 分で読めます。

東洋はり灸整骨院 院長の石丸です。

東洋医学の治療院である当院には、寒冷アレルギーの症状にお悩みで、来院される患者様もおられます。

寒冷アレルギーの症状は、気温差や環境の変化で全身に蕁麻疹(じんましん)がでたり、アレルギーの症状を引き起こします。

お風呂から出た後、暖かい部屋から寒い外気に触れた時、など環境の変化がきっかけとなって症状が現れることから「寒冷アレルギー」という西洋医学的な病名がついています。

今回は、「寒冷アレルギー」の東洋医学治療について解説していきます。

寒冷という環境の変化が引き起こすアレルギーで困ることとは?

疑問に思う女性

寒冷アレルギーで困ることとは、「寒冷」(かんれい)という避けようのない環境の変化が原因で起こるという事です。

急に外気が冷えてきた、暖かい部屋から寒い外に出る、といった事を一生避けて暮らすことは不可能ですし、そのたびに蕁麻疹がでないか不安に襲われます。

寒冷アレルギーで寒冷蕁麻疹が出る人は、冷たいグラスを手にしたり、氷を当てただけでその部分に蕁麻疹が発生し、非常に強いかゆみを腫れが発生します。

こういう症状を抗ヒスタミン剤という薬で一時的に抑えることはできますが、根本的な治療は西洋医学では難しいと思います。抗ヒスタミン剤は副作用として、強い眠気、だるさ、集中力の低下などを引き起こします。

寒冷という物理的現象によって引き起こされるアレルギーを完全に予防できる方法は、西洋医学にはないと言っても過言ではありませんね。

東洋医学が寒冷アレルギーを治療できる理由とは?

リラックスした女性

東洋医学では、寒冷アレルギーにどのように治療していくのでしょうか。

東洋医学は、身体の形状だけをみる医学ではありません。人体と感情、人体と環境などを総合的に診て診断していきます。

日本には四季があります。

春、夏、秋、冬、季節によって出やすい病や、季節の変わり目に出やすい病。人の感情の変化によって引き起こされる病があると定義されています。西洋医学にはない考え方ですね。

人の感情と内蔵、感情と全身はつながっているので、怒り、悲しみによって五臓六腑に不調をきたすことは珍しくないのです。

食べ物が体質に影響することもあります。

甘いものを食べると胃腸がやられますよ、酸っぱいものと肝臓はつながっていますよ、というように体を取り巻くすべての環境とのつながりを診る医学なのです。

寒冷アレルギー以外の症状にも着目、総合的に治療する

ツボ

寒冷アレルギーでお困りの方は、それ以外の症状も持っています。

例えば、のぼせやすくて頭が痛くなる、花粉症、鼻炎、肩こり、腰痛、生理不順という風に一見寒冷アレルギーと関係ない症状です。

西洋医学では、これらの症状は耳鼻科、整形外科、脳神経内科、婦人科といった「専門科」とよばれる分野に振り分けられ、一人の人を総合的に診ることはしませんね。

東洋医学では、寒冷アレルギーを含めたすべての症状を良く聞き、その人の体質を診断し、治療を行います。

そのため、寒冷アレルギーだけを治すというのは、実は不可能で、他の症状も治しながら、寒冷アレルギーも治していくわけです。寒冷アレルギーが出た時に抑えるのではなく、寒冷アレルギーが出にくい身体にしていくという事です。

寒冷アレルギーの動画解説

寒冷アレルギーの症状について、Youtubeにてお話させていただいた動画もございます。ぜひご覧ください。

まとめ

東洋はり灸整骨院 院長 石丸昌志

人体は、臓器、感情、環境が繋がっています。全身を治さない限り、気になる症状も治せないのです。

東洋医学は、常に患者様の全体像を捉えて治療していきます。

寒冷アレルギーなど不快な症状でお困りの方は、ぜひ東洋医学専門でやっている治療院にご相談ください。もちろん当院にもご相談ください。

不快な症状、つらい症状を改善できるよう一緒にがんばりましょう。


\ SNSでシェアしよう! /

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

東洋はり灸整骨院

東洋はり灸整骨院

東京都町田市で改善実績No.1の鍼灸整骨院
〒194-0022
東京都町田市森野1-34-18 ユニオンビル4F/5F(4F受付)
小田急線 町田駅北口 徒歩2分
TEL 042-705-6090

この人が書いた記事  記事一覧

  • 皮膚のかゆみやアトピーの症状は、東洋医学で根本改善を目指そう!

  • 「身近な薬にも重大な副作用はある!」薬の危険性について考えよう

  • お灸を使ってスッキリ美脚!足のむくみに有効なツボ 失眠-しつみん

  • 繰り返す吹き出物でお悩みなら、東洋医学で根本改善を目指そう!

関連記事

  • 切れ毛、枝毛、パサつきなど髪のトラブルは東洋医学で根本改善を!

  • 虫歯が無いのに歯が痛い非定形型歯痛とは?東洋医学で歯を治療しよう

  • 頸椎症はレントゲンでは分からない?東洋医学の鍼灸治療で改善しよう

  • 唾液過多症 鍼灸治療の改善例、20代男性「唾液量が普通に戻りました。」

  • 不眠症、寝つきの悪い方必見!簡単にできる睡眠の質を上げる方法3選

  • 産婦人科のエコー検査で逆子と言われた場合、鍼灸治療で改善できる?