1. TOP
  2. 症状
  3. 顔面神経麻痺に有効な2つのツボ!東洋医学で五臓六腑の機能を高めよう

顔面神経麻痺に有効な2つのツボ!東洋医学で五臓六腑の機能を高めよう

 2018/02/01 症状
この記事は約 3 分で読めます。

東洋はり灸整骨院、院長の石丸です。

ある日突然、目が閉じにくくなってしまったり、水を飲もうとするとこぼれ落ちてしまったりなどの症状が出てしまう顔面神経麻痺。これを読んでくださっている方の中にも、もしかするとお悩みの方がいらっしゃるかもしれませんね。

顔面神経麻痺はあるウィルスなどが原因とされていますが、まだ明確に特定されていない状態ですので、西洋医学だけでは完全に治すことができないでしょう。しかし、東洋医学では症状を診た上で治療することができる有効な治療の一つです。

そこで今回は、顔面神経麻痺に有効なツボと東洋医学による治療法についてお話ししたいと思います。

顔面神経麻痺に有効な2つのツボ

「肩髃(けんぐう)」と「扶突(ふとつ)」という顔面神経麻痺に有効なツボがあります。

【肩髃】

出典:shanghai-zine.com

【扶突】

出典:biken-k.com

どのくらい有効かというと、ここにお灸をすると一回の治療でも変化があるほどです。

この2つはツボの位置が近いので効果が出やすい場所ですね。もちろん、根本的な改善にはこの2つだけでは足りません。

東洋医学でできること

先ほどご紹介したツボは対処療法的な処置ですので、根本治療を目指す場合は体全体の症状を診る必要があります。西洋医学では耳や顔の周辺しか診ないので治せないのです。

顔面神経麻痺の治療には東洋医学で呼吸器系を司るとされる「肺」が重要になってきます。

その他にも消化器系の「脾」、肝臓系の「肝」などの東洋医学的な五臓六腑(ごぞうろっぷ)の機能を高めることで改善し、根本から治すことができます。

顔面神経麻痺についての動画解説

顔面神経麻痺についてお話させていただいた動画もございます。ぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?

顔面神経麻痺は、東洋医学でいう「肺」「脾」「肝」に分類されますので、これらを総合的に治療する必要があるのです。

病院で原因がわからないままステロイドや血流をよくする薬を飲み続けるよりも、しっかり原因、治療法がわかる東洋医学での治療が有効ということをお分かりいただけたのではないかと思います。

顔面神経麻痺は、東洋医学的な治療で改善を目指します。今現在、顔面神経麻痺のお悩みをお持ちで、なかなか症状が改善することができない場合は、東洋医学の治療も選択肢の一つとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

(関連記事)

「顔面神経麻痺の原因は顔ではない?」東洋医学の鍼灸治療で根本改善を!

東洋医学 6つの長所と4つの短所について

不眠症、寝つきの悪い方必見!簡単にできる睡眠の質を上げる方法3選


\ SNSでシェアしよう! /

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

東洋はり灸整骨院

東洋はり灸整骨院

東京都町田市で改善実績No.1の鍼灸整骨院
〒194-0022
東京都町田市森野1-34-18 ユニオンビル4F/5F(4F受付)
小田急線 町田駅北口 徒歩2分
TEL 042-705-6090

関連記事

  • 辛いアトピーの症状は、東洋医学で内臓機能を高める治療をしよう!

  • 切れ毛、枝毛、パサつきなど髪のトラブルは東洋医学で根本改善を!

  • 習慣性流産でお悩みの女性へ、東洋医学の鍼灸治療を試してほしい理由

  • 【喘息でお悩みの方必見】季節との関係を知り、薬漬けから脱却しよう

  • 産婦人科のエコー検査で逆子と言われた場合、鍼灸治療で改善できる?

  • メニエール病(耳鳴り・難聴・めまい)は東洋医学・鍼灸治療で改善!