1. TOP
  2. 肩こり
  3. 肩こりに効果的なツボ 楽枕(らくちん)-簡単なセルフケアのご紹介

肩こりに効果的なツボ 楽枕(らくちん)-簡単なセルフケアのご紹介

 2016/08/26 肩こり
この記事は約 3 分で読めます。

「肩こりで頭が痛い。」

「肩がこりすぎて吐き気がする、集中力が発揮できない。」

とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

頭痛や目の疲れ、集中力の低下など、肩こりは様々な症状を引き起こします。

日本は肩こり大国です。

皆様が悩むあらゆる症状の中で、最も多い症状といっても過言ではないと思います。

そこで、今回は肩こり解消のためセルフケアできる「肩こりのツボ」についてお話ししたいと思います。

肩こりのツボ、楽枕(らくちん)を刺激して楽ちんになろう

肩こりのツボはたくさんあります。

今回は『楽枕』、(らくちん)と読むツボをご紹介させていただきます。

この『楽枕』というツボは比較的探しやすく、セルフケアしやすい効果的なツボです。ツボの場所、刺激方法を順に説明していきます。

の場所

手の甲の側・薬指と小指の間です。

肩こりのツボ 楽枕

出典:http://ameblo.jp/corocara/

刺激方法

反対の手指でつまむように、薬指側に押します。小指の側に押してみたりするとかなり痛いところがあると思います。

このツボをぐりぐりと刺激しながらゆっくり首を動かしてみてください。ジーンと肩まで刺激が届くと思います。継続して続けていただければ、肩こりが少しずつ緩和されていきます。

当院ではこのツボを、寝違えによる首の痛みなどにも有効なツボとして使用しています。

左肩のコリは左、右肩のコリは右手の楽枕を刺激してみてください。

下記の動画でも紹介していますので、ぜひご覧ください。

セルフケアのツボ刺激は対症療法、根本的な治療も並行して受けましょう

四十肩・五十肩

この「楽枕」を刺激するだけで肩こりを完全に解消することは難しいところはありますが、ツボ刺激によって一時的に肩の緊張がほぐれ、つらい症状が良くなっていくと思います。

肩こりの根本的な治療は必要ですが、つらい症状に対する対処療法としてセルフケアしてみてください。

肩こりの原因は人それぞれです。生活習慣・食生活・姿勢などが相互に関連しあって起こっています。

肩こりの原因になっていることは、自覚できることとできないことがあります。知らず知らずのうちに習慣化している行動が、慢性的な肩こりを引き起こしている可能性があります。

肩こりの根本的治療については、東洋医療専門の治療院で診察、治療を受けていただくことをおすすめいたします。

まとめ

 東洋はり灸整骨院 院長 石丸昌志

いかがでしたか?

肩こりをセルフケアできるツボ「楽枕」をご紹介しました。

肩こりがなく、晴れやかな毎日を送れるよう、ぜひセルフケアを行ってみてください。

そして肩こりの根本的治療については、ぜひ東洋医学専門の治療院である当院にご相談ください。

症状が改善するよう一緒に頑張りましょう。スタッフ一同、全力でサポートさせていただきます。

 

(関連記事)

東洋医学で気血を改善し、肩こりの根本治療をしよう!

四十肩・五十肩は年のせいと諦めず、東洋医学で根本的治療を!

肩こりのツボ 通理(つうり)について


\ SNSでシェアしよう! /

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院への人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

東洋はり灸整骨院

東洋はり灸整骨院

東京都町田市で改善実績No.1の鍼灸整骨院
〒194-0022
東京都町田市森野1-34-18 ユニオンビル4F/5F(4F受付)
小田急線 町田駅北口 徒歩2分
TEL 042-705-6090

関連記事

  • 肩こりでお悩みの方へ

  • 四十肩・五十肩でお悩みなら、鍼灸治療で根本改善を目指そう

  • 東洋医学は気血を改善し、肩こりの根本的治療になる?

  • 【四十肩・五十肩になりやすい人の特徴】五臓六腑の肺に問題あり?

  • 腰痛に効果的なツボ委中(いちゅう)-東洋医学で症状を改善!

  • 慢性的な肩こり・腰痛の原因は肝と肺?東洋医学でスッキリ解消しよう