1. TOP
  2. ブログ
  3. 人間は機械ではない!自然との関係を踏まえて体の調子を整えよう

人間は機械ではない!自然との関係を踏まえて体の調子を整えよう

 2018/11/24 ブログ
この記事は約 3 分で読めます。

東洋はり灸整骨院、院長の石丸です。

皆様は季節の変わり目に体調が変化することはありませんか?

立春、立夏、立秋、立冬などの大きな季節の節目の前後1週間ほどは、

  • 普段以上に不調になりやすい
  • 慢性の症状がひどくなる
  • 急に悪くなる

ということがあります。

これ以外にも、二十四節季と言われる2週間に1度の季節の変わり目に症状に変化がある人もいます。

見た目には出ていなくとも、草木が冬場は枯れて春に芽が出て夏は生い茂るように、人間にもサイクルがあるのです。

そこで今回は、人間の体がいかに自然の影響を受けているかというお話をしたいと思います。

石丸昌志

人間の体は、自然の影響を受けやすい

季節以外に思考や喜怒哀楽などの感情も大切な要素です。

例えば、くよくよしていると胃の調子悪くなりませんか。

ストレスで胃潰瘍になる方もいますね。

つまり、感情と症状にはつながりがあるのです。

他にも食べ物など患者様をとりまく環境を考慮に入れて治療する、人体を中心に様々な関係性を踏まえて治療するのが東洋医学です。

体をバラバラに診る西洋医学

しかし、西洋医学(病院)では季節や環境は一切考慮にいれず、人間を工場でできた部品の集まりのように考えます。

胃が悪ければ胃腸科、頭痛は脳神経外科というようにバラバラに診てしまうのです。

もちろん車と同じで部品に悪いところがあるなら治した方がいいでしょう。

しかし、ほとんどの場合は部品、つまり患部ではなく体の働きそのものが悪くなって症状が出ていることが多いです。

西洋医学は時代遅れ?

最近は、NHKの番組でも様々な要素が人体に関係しているということが科学の視点でも紹介されていました。

今までのように体をバラバラに診る西洋医学のやり方は時代遅れになりつつあるのでしょう。

現に今までの考え方では何にも治らないから、50〜60年で医療費が190倍なってしまっているのです。

医療が産業化して、お金儲けの手段になってしまっている現状ですが、東洋医学なら変えることができます。

先ほど挙げた症状も東洋医学なら簡単に治すことができるからです。

自然と身体の関係 解説動画

本記事について、私がYoutubeにてお話させていただいた動画もございます。ぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「人間は体と自然との関係」についてお話をさせていただきました。

先ほども説明したように、東洋医学の治療法は、季節や私たちの感情、そして食べ物までも考慮した上で、体を総合的に診て治療をしていきます。

私たちの体は些細な変化でさえも無意識のうちに情報をキャッチしていますので、特に季節の変わり目は特に体調を崩しやすいのです。

東洋医学は、西洋医学に劣るところのない医療です。

自然と人体の関係を考慮に入れた治療で、医療産業からの脱却を目指しましょう。

季節の変わり目に体調を崩しやすい方は、ぜひ東洋医学の治療も選択に入れてみてくださいね。

(関連ページ)

不眠症、寝つきの悪い方必見!簡単にできる睡眠の質を上げる方法3選

鍼灸師が教える健康法「病的体質になる9つの食べ物について」

【鍼灸学生さん向け】鍼灸師による、治療家に必要な心技体とは?




★東洋はり灸整骨院のTwitterFacebookはこちら(フォロー、いいね大歓迎です!)

★東洋はり灸整骨院とLINE友達になるにはこちら↓(月1~2回 健康情報をお届け中!)

友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

町田の鍼灸院なら東洋はり灸整骨院の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

東洋はり灸整骨院

東洋はり灸整骨院

東京都町田市で改善実績No.1の鍼灸整骨院
〒194-0022 東京都町田市森野1-34-18 ユニオンビル4F/5F(4F受付)
小田急線 町田駅北口 徒歩2分
TEL 042-705-6090

関連記事

  • 原因不明の患者が増えた理由!日本の医療が西洋医学中心になったから?

  • 水の飲みすぎは百害あって一利なし?【東洋医学の視点から考察】

  • 社会保険費を減らすには、患者さんも医療を使い分けることが大事!

  • NHKスペシャル「血圧サージが危ない」を見て―交感神経と副交感神経

  • 「スマホの使いすぎで目が疲れた!」という方にオススメのツボ 6選